データで見る会社案内

お問い合せはメールまたはお電話で
ホーム>データで見る会社案内
営業地域
新宿 渋谷 池袋 品川 青山 銀座 日本橋
六本木 麻布 札幌 仙台 盛岡 水戸 宇都宮
さいたま 千葉 横浜 川崎 相模原 金沢
浜松 名古屋 津 堺 神戸 京都 広島 岡山
松山 千代田 中央 港区 新宿 文京 品川
目黒 大田 世田谷 渋谷 中野 杉並 豊島
北区 板橋 練馬 台東 墨田 江東 荒川 足立
葛飾 江戸川 立川 三鷹 国分寺 八王子
町田 国立 吉祥寺 中野 府中 調布
 
北海道 青森 岩手 宮城 秋田 山形 福島
茨城 栃木 群馬 埼玉 千葉 東京 神奈川
新潟 富山 石川 福井 山梨 長野 岐阜
静岡 愛知 三重 滋賀 京都 大阪 兵庫 奈良
和歌山 鳥取 島根 岡山 広島 山口 徳島
香川 愛媛 高知 福岡 佐賀 長崎 熊本 大分
宮崎 鹿児島 沖縄
本ホームページは、
SSLサーバを利用して
あなたの個人情報を
保護しています。
データで見るよい会社案内の条件 これが勝てる会社案内のポイント
データで見る,よい会社案内の条件
勝負は使いやすさで決まる。
ズバリよい会社案内の条件を簡単に言えば、それは「使える会社案内」です。使いやすいと感じる会社案内は、
思い通りに会社のことを伝えられている、それによって相手に理解され信頼されているものです。
それでは「よい会社案内」=「使える会社案内」を作成するにはどんなことに留意したらいいのか、
《デザインポート》で会社案内を作成された200社以上のお客様の声を集計・分析してみました。
あなたにとってよい会社案内とは?
[お客様アンケート(デザインポート調べ)]
「印象&内容」「一瞬&長期」
それぞれ効果の高い会社案内が望ましい。
会社案内は会社のことを相手に知ってもらうために渡すいわば「自己紹介書」。会社の顔でもあります。第一印象としてよいイメージを与え、しっかり覚えてもらえることが最初の関門です。「信頼感」「躍動感」「清潔感」など会社のイメージが集約されたデザインであることを第一条件に挙げるお客様が4割近くを占めました。第二関門として約3割のお客様が、しっかりと中身を読んでもらえることを挙げました。つまりわかりやすいこと。自社の特長や魅力を十分に理解し他社との違い、ユニークさを打ち出すことが必要です。よく陥りがちなのが多くの事を伝えようとするあまり情報量(特に文字量)が多くなりすぎること。気持ちはわかりますがこれは逆効果になるケースが多いです。どうしても各ページの情報量が多くなる場合は、ページ数を増やして見開きごとの内容をできるだけシンプルに整理する。これがページを開いた一瞬の印象も、時間をおいてからじっくりと読ませる上でも効果があります。
企業イメージを表出した表紙デザインも重要。
最近のニーズは「マルチタスク」
色々な用途で便利に使いたい。
《デザインポート》に会社案内作成のご依頼をくださるお客様の使用目的として最も多いのは、やはり「営業ツール」でこれは30年以上変わっていません。よい会社案内は即ち商談しやすい会社案内と言ってよいでしょう。商品やサービスの特長、販売や製造の拠点など事業力を十分にアピールできる内容にすることが必須です。加えてここ数年の傾向として会社案内を様々な場面で使用できるようにしたいという「マルチタスク」のニーズが高まっています。学生の採用活動や投資家、金融機関、行政等への信用情報として、さらに取引先等のサプライチェーンなど会社案内の配布先(見てもらう相手)も多様化しています。これにより掲載する内容も変化してきました。経営の健全性を開示する財務情報や社会貢献活動、環境保全への取り組みの掲載、社員が活躍する仕事場面の紹介など読み手に訴求したい点を吟味しながらページ構成や写真の選定、見せ方などを工夫する必要があります。いずれにしても使える会社案内を作成するために大事なのはどんな場面でどのように使うのかを明確にすること。それさえ固まれば成功のノウハウは十分にあります。
こんな会社案内は困る!
どんな時に 会社案内を使いますか?
会社案内をつくる時、
何を重視しますか?
会社案内をつくる時、何を重視しますか?
使いやすい会社案内で
大事なのは?
使いやすい会社案内で大事なのは?
大半のお客様が最も重視されるのは、情報の内容と見せ方です。会社案内を渡す際に短時間で会社の事をわかりやすく説明するにはどうすればいいのか。さらにどう印象づけるべきか。それをじっくりと考えていくと、掲載すべき情報、掲載する順序、スペース、見せ方など会社案内の企画が明確になっていきます。加えて思わず手に取って開きたくなるような印象的な表紙デザインも重視すべきポイントです。つまり会社案内を作成するということは、会社の強みを再検証し、相手(多くの場合顧客)にPRするための戦略を練ることに等しいと言えるのです。
この辺りを押さえれば、
満足度の高い
会社案内になるね。
会社案内の作成でよくお客様がお尋ねになるのは「ページ数はどれくらいが妥当ですか」「載せたい情報は色々あるけれどページがあまり多いのは・・」など全体のページ数についてのご質問です。これが適正というページ数はないのですが基本的には伝えたい情報はできるだけ掲載する方向で調整した方がよいと考えています。全体のページ数が少々多くなっても短時間で見せる情報と、あとで読んでほしい情報をすみ分けて企画構成すれば効果は期待できます。ただページ数が増えれば作成コストも上がるため詳細情報や新着情報はホームページで補完するのも最近の流れです。
利用価値の高い会社案内の条件
利用価値の高い会社案内の条件
これが勝てる会社案内のポイント
お問い合わせフォームはこちら
パンフレット・Web無料相談データで見る会社案内会社案内作成人気ランキング
展示会・イベント用メディアPRツール統一ソリューション高機能電子パンフレット
SEO対策ホームページベテランクリエイターのTalk & Talkパンフレット等の作成フロー紹介