新着情報 『新・北斎展 HOKUSAI UPDATE』

お問い合せはメールまたはお電話で
ホーム>新着情報>『新・北斎展 HOKUSAI UPDATE』
営業地域
新宿 渋谷 池袋 品川 青山 銀座 日本橋
六本木 麻布 札幌 仙台 盛岡 水戸 宇都宮
さいたま 千葉 横浜 川崎 相模原 金沢
浜松 名古屋 津 堺 神戸 京都 広島 岡山
松山 千代田 中央 港区 新宿 文京 品川
目黒 大田 世田谷 渋谷 中野 杉並 豊島
北区 板橋 練馬 台東 墨田 江東 荒川 足立
葛飾 江戸川 立川 三鷹 国分寺 八王子
町田 国立 吉祥寺 中野 府中 調布
 
北海道 青森 岩手 宮城 秋田 山形 福島
茨城 栃木 群馬 埼玉 千葉 東京 神奈川
新潟 富山 石川 福井 山梨 長野 岐阜
静岡 愛知 三重 滋賀 京都 大阪 兵庫 奈良
和歌山 鳥取 島根 岡山 広島 山口 徳島
香川 愛媛 高知 福岡 佐賀 長崎 熊本 大分
宮崎 鹿児島 沖縄
本ホームページは、
SSLサーバを利用して
あなたの個人情報を
保護しています。

新着情報

『新・北斎展 HOKUSAI UPDATE』2019.02.23

『新・北斎展 HOKUSAI UPDATE』

 

富嶽三十六景の『神奈川沖浪裏』や『凱風快晴』で有名な葛飾北斎。
森アーツセンターギャラリーで開催されているー新・北斎展 HOKUSAI UPDATEーでは、
葛飾北斎の初期の絵師の時代から〜絶筆に至るまでの約70年間の作品が公開されています。
国内外の美術館に展示されている作品のほか、めったにお目にかかれない個人蔵の作品までを一堂に展示。
以下の各画業歴を追いながら、北斎の移り変わる筆致と生きいきとしたた江戸時代を感じることも・・・。
勝川派の絵師として活動を始めた、春朗期 ー20~35歳頃ー
勝川派を離れ、他の画派とは一線を画して活動した、宗理期 ー36~46歳頃ー
読本の挿絵に傾注し、一斉を風靡した、葛飾北斎期 ー46~50歳頃ー
絵手本を多く手掛けた、戴斗期 ー51~60歳頃ー
錦絵を多く制作した、為一期 ー61~74歳頃ー
独創的な表現で肉筆画に専念した、画狂老人卍期 ー75~90歳頃ー(没年:90歳)
近年新たに発見された作品なども、興味深くも壮大な展示となっています。
会場:森アーツセンターギャラリー
 東京都港区六本木6-10-1六本木ヒルズ森タワー52階
会期:2019年1月17(木)〜  2019年3月24日(日)

『新・北斎展 HOKUSAI UPDATE』を堪能された後は、少し足をのばして
『麻布十番散歩』を楽しまれてはいかがでしょうか。

 

お問い合わせフォームはこちら
パンフレット・Web無料相談データで見る会社案内会社案内作成人気ランキング
展示会・イベント用メディアPRツール統一ソリューション高機能電子パンフレット
SEO対策ホームページベテランクリエイターのTalk & Talkパンフレット等の作成フロー紹介